Windows 10のBash on Ubuntu on Windowsを触ってみる

Windows10で2016年4月に「Ubuntu LinuxがそのままWindows 10の上で動く」という話が出てきました。公式な情報はMSDNのこちらのサイトからたどることが可能です。今回はこのBash on Ubuntu on Windowsをとりあえず触ってみることにしました。

スポンサーリンク

1. Windows 10 Insider Previewの入手

Bash on Ubuntu on WindowsはWindows10 Insider Previewの中の、Fast Ringに含まれています。そのため、まずはこちらのサイトからInsider Programにサインアップし、テストにつかうWindowsを開発者モードにする必要があります。詳細な手順はInsider Programのサイトからドキュメントをたどってみてください。設定を完了すると、次の図のように開発者向けモードになり、かつWindows Insider Programで「ファースト」となります。

Developer Mode

fastring

2. Bash on Ubuntu on Windowsの有効化

Bash on Ubuntu on Windowsの正式名称は「Windows Subsystem for Linux」といいます。そして有効化するためには「コントロールパネル」>「プログラムと機能」>「Windowsの機能の有効化または無効化」の順にクリックしていきます。そして、以下の図のようにWindows Subsystem for Linux (Beta)にチェックをつけ、指示に従ってOS再起動を行います。

enable-linuxsubsystem

再起動が完了すると、Bashが使えるようになっています。

3. Bashを使ってみる

Bashを使い始めるためには、コマンドプロンプトを立ち上げて、「bash」コマンドを実行します。すると、以下のようにubuntuのようなプロンプトに変わります。

bash-prompt

このBashはubuntu 14.04上で動いています。そして、ubuntuのバイナリが「そのまま」このWindows上で動くという点で、従来の仮想化やエミュレーションとは大きく異なるアーキテクチャとなっています。試しにいくつかコマンドを実行してみます。

次に、メモリやプロセスがどう見えるか確認します。今回の検証機(私のノートPC)は物理メモリを64GB搭載していますが、使用量がそのまま見えます。また消費メモリはWindowsのプロセスで消費されたメモリも合計された量が表示されます。逆に、プロセスについてはLinuxのユーザープロセスのみが見えます。

さらにubuntuのバイナリを直接使っていることを見るため、apt-getコマンドを使ってみます。

ubuntuのリポジトリからUpdate情報を取得していることがわかります。

このようにubuntuを直接動かせるようになったことで、Linuxベースや、Windows/Linux両方のプラットフォームで動くようなアプリケーションを素早く開発できるようになるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする