Chef 12対応版 Chef ClientのbootstrapインストールとCookbookの実行~Windows Server 2016 TP5編~

前回の記事ではCentOS7にChef Clientを導入し、Chef Server管理下でCookbookを実行しました。今回は、同じことをWindows Server 2016 TP5に対して行います。手順はChefの公式ドキュメントのこちらのサイトをベースにしています。

スポンサーリンク

1. Windows Server 2016 TP5のISO入手とOSインストール

1-1. ISOファイルのダウンロード

Windows Server 2016 TP5は2016年7月24日時点ではこちらのサイト経由で入手可能です。ただし、リリースが2016年9月末ですので、RTM後は評価版ISOが別サイトから入手可能になると思われます。必要な登録などを済ませたうえで、ISOファイルをダウンロードしてください。

1-2. Windows Server 2016 TP5のインストール

Windows 10 Insider Preview (Build 14393)上のHyper-V上の仮想マシンとしてインストールを行いました。ただ、私の環境では仮想マシンバージョンを第2世代かつUEFIセキュアブートを有効にするとISOからの起動はうまくいくものの、その後の再起動でHDDから起動しませんでした。今回は諦めて第1世代でインストールしました。

インストールが完了したら、ホスト名、IPアドレス、DNSまたはhostsファイルの設定を行い、Chef Serverから名前解決ができること、ネットワークがつながることを確認します。

2. Chef Clientインストール前の各種設定とChef Clientインストール

Chef Clientの導入にはknife bootstrap windowsコマンドを使います。このコマンドでは、Windows Serverに対してSSHもしくはWindows Remote Management (WinRM)経由で接続し、操作を行います。

2-1. Windows Remote Managementの設定

今回はSSHではなくWinRMでWindows Serverと接続するための設定を行います。設定はPowerShellを管理者として実行し、winrm quickconfigを実行するだけです。

win2016-quickconfig

2-2. knifeコマンドによるChef ClientのインストールとCookbookの実行

すでに前回の記事で「chef-client」というCookbookが準備済みですので、Chef Workstationから以下のコマンドを実行し、Chef Clientをインストールします。ここでもOrganizationの秘密鍵を削除するRecipe「chef-client::delete_validation」を実行しています。

正常に完了したら、Chef ServerのWeb管理画面で管理対象にWindowsが追加されていることを確認します。

chefserver-win2016tp5

また、Windows側にChef Clientがインストールされていることを確認します。

checlient-installed

以上で、Chef Server管理下にWindows Server 2016 TP5を置くことができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする