Docker for Windowsのインストール後の設定項目

前回のブログ記事「Docker for WindowsをWindows10 Proにインストール」ではWindows 10 Pro(+hyper-V)上にDockerをインストールしてみました。今回はどのような構成でHyper-V上にDocker Machineがセットアップされているかを確認していきます。

スポンサーリンク

1. Hyper-V上のDocker Machineの構成

1-1. Hyper-V仮想マシン設定

Docker for Windowsのインストール後にHyper-Vマネージャを開くと、「MobyLinuxVM」という仮想マシンが作成され、起動していることがわかります。

Hyper-V_mobyLinuxVM

この仮想マシンの中でDockerコンテナが生成・起動されます。なお、この仮想マシンのIPアドレスやCPU・Memoryリソースのサイズについては、次節のDocker管理画面から設定します。

1-2. Hyper-V仮想ネットワーク設定

MobyLinuxVM上でDockerコンテナが動作するのですが、dockerコマンド自体はHyper-Vホストから実行しています。そのため、ホストOSとMobyLinuxVMとの間が何らかのネットワークでつながっているはずです。

そこで、Hyper-V仮想ネットワークの設定を見ると、自動的に「Docker-NAT」という仮想スイッチが内部ネットワークとして作成されていることがわかります。

Hyper-V_DockerNAT_switch

この「DockerNAT」がホストOSにつながっていることが「ネットワークと共有センター」から見ることができます。

DockerNAT_vEthernet_Setting

2. Docker for Windowsの基本的な設定方法

Docker for Windowsが起動すると、タスクトレイにDockerのアイコンが表示されます。アイコンを右クリックするとメニューが表示され、その中に「Settings」があります。このSettingsをクリックすると、次のような設定画面が起動します。

docker_setting_general

設定画面の左側にあるメニューをクリックすると、各種設定を行うことができます。設定画面は次のような構成になっています。

1. Shared Drives
ホストOS上のドライブをコンテナに認識させる設定が可能です。GUI上はドライブ単位の設定のみが可能なようです。

docker_setting_shareddrive

2. Advanced (MobyLinuxVMのCPUとメモリ容量設定)
Dockerコンテナを実行する仮想マシンのスペックを変更できます。この画面で設定を変更すると「MobyLinuxVM」が自動的に停止され、設定変更後に再起動されます。

docker_setting_advanced

3. Network (DokerNATネットワークの設定)
DockerNATネットワークで使うサブネットの設定と、その中で利用するDNSサーバーの設定が可能です。

docker_setting_network

4. Proxy (DockerコンテナのダウンロードのためのProxy設定)
DockerはDocker Hubからコンテナイメージをダウンロードします。Proxy経由でしかインターネットに出られない環境の場合、ここでProxyの設定を行います。

docker_setting_proxy

以上、Docker for Windowsを使い始めるための設定などを見てきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする